『リングフィットアドベンチャー』は何故売れたのか?スイッチはWiiの後を継いだハード

2019年10月18日にニンテンドースイッチで発売された『リングフィットアドベンチャー』が、品薄になるほど大人気なようです。

専用のリングコンを使って、身体を動かして筋トレしながら冒険するっていうフィットネスゲームだね。

ニンテンドースイッチではエクササイズソフトの『Fit Boxing (フィットボクシング)』も流行っていたから、エクササイズ系のゲームに関心を持っている人が多いんじゃないかな。

私は最初、『リングフィットアドベンチャー』をPVで観たときは、「うーんこれ売れるのかな?」と不安になりましたけどね。

ただ蓋を開けてみれば大人気・高評価のゲームとなりました。

リングコンもPVで観た感じでは「柔らかそう」とか「買うほどの価値があるのかな」と思いましたが、実際に触ってみると硬くて色々な使い方ができるため、トレーニング器具に最適だと思いましたね。

今回は『リングフィットアドベンチャー』が何故ここまで売れたのか考察します!

『リングフィットアドベンチャー』の人気の秘訣は、ニンテンドースイッチがWiiの後を継いでいるハードであることがポイントだと思っています。

スポンサーリンク

『リングフィットアドベンチャー』とは

《出典:リングフィットアドベンチャー》

ニンテンドースイッチソフトの『リングフィットアドベンチャー』は、専用のリングコン、レッグバンドと付属で発売されたフィットネスゲーム。

Joy-Conをリングコンとレッグバンドに取り付けて、全身運動でキャラクターの移動・攻撃を行います。

単純に遊ぶという目的だけではなく、ゲームをプレイして運動・筋トレになり、健康器具としての役割があります。

Wiiの時代から、任天堂はこの手のフィットネスゲームを開発してきました。本作はWiiで発売された『Wii Fit』のような位置づけの商品だと言えるでしょう。

『リングフィットアドベンチャー』がこれまでのフィットネスゲームと大きく異なるのは、運動と連動したゲーム性を持たせることができている点。

今までのフィットネスゲームはあくまでミニゲームという感じで、毎日プレイしていればゲーム自体にはすぐに飽きが来るようなものばかりでした。あくまで運動が目的であって、ゲームとして遊ぶのはおまけのような感じが強かったです。

しかし『リングフィットアドベンチャー』は、長期間のフィットネス・プログラム「アドベンチャー」モードがあります。

《出典:リングフィットアドベンチャー》

アドベンチャーモードは1日30分のトレーニングで約3ヶ月かかる長い冒険を行うモード。敵との戦闘は、必殺技が運動と連動しており、攻撃するために指定された運動を行っていきます。

今まで以上にゲームを遊んでいる気持ちで運動できるのです。30分と言ってもかなりの運動になって疲れるので、敵を倒すために身体に鞭打って必死に運動することになりますw

ゲームの続きをプレイするという目的ができるので、運動を継続しやすいのも魅力のひとつ。毎日ミニゲームだけのプレイではそのうち飽きがきますが、冒険を続けるという長い目的があるから、運動が継続しやすいのです。

運動不足だけどスポーツが苦手だったり、一人で楽しく運動したいという方におすすめのゲームですね。今までのフィットネスゲームと比較して、”楽しい”ゲームになっているのがミソです。

圧倒的な高評価で売り切れ続出

『リングフィットアドベンチャー』は発売早々、圧倒的な高評価を獲得して売り切れ続出になりました。

Amazonでは発売二週間で200件以上レビューがついて星4.8という高評価。

リングコンとレッグバンドが必要なゲームなので、ソフトのダウンロード購入だけで遊ぶことはできず、あまりの人気から各地で在庫がなくなっています。品薄が解消されるまではしばらく日数がかかることでしょう。

任天堂にとっても予想以上の売り上げだと思われますね。私もまさかここまで売れるとは思っていなかったので驚きました。

家の中で運動ができる気楽さ

『リングフィットアドベンチャー』のようなフィットネスゲームの魅力は、家の中で運動ができる気楽さにあると思います。

普段からスポーツをやっている方ならともかく、大人になると中々外で身体を動かす機会ってありませんよね。学生なら体育の授業や部活動がありますが、社会人は肉体労働の仕事じゃなければ運動不足になりやすいです。

かといって、外でランニングしたり、ジムに通ったりというのはハードルが高く感じるものです。人目に見られるのが嫌な人もいるでしょう。

その点、家の中で運動ができるフィットネスゲームは、運動を始めるハードルを下げ、誰かに見られることもないのでとても気楽に始めることができます。

「運動」というよりも「ゲーム」という気持ちでできるのもハードルを下げてくれてますよね。運動だと堅苦しい感じ、大変そうなイメージを持ってしまいますが、「家の中でゲームしている」と考えるととっつきやすいです。

ガチで筋トレになり実用性が高い

《出典:リングフィットアドベンチャー》

気楽に始められる『リングフィットアドベンチャー』ですが、その反面中身は割とガチの筋トレになるハードなゲーム。

商品箱には「筋肉は一生の相棒」と書かれてあります。めっちゃガチっぽいですよねw

アドベンチャーモードは一日30分が目安ですが、この30分だけでめちゃめちゃ運動になります。ほんとに楽しく汗だくになれるゲームですよ。

継続できれば間違いなくダイエット・筋肉強化になるので、実用性が高いです。家の中で気楽にプレイでき、しかもちゃんと効果的な運動になるところが魅力ですね。

ライトユーザーの多いニンテンドースイッチにはゲーム以外の用途も需要がある

ニンテンドースイッチは国内だけでも1000万台の売り上げを突破した人気ハード。

過去の任天堂ハードだと『Wii』も人気を博し、ライトユーザーを多く取り入れることに成功しました。そのWiiよりも、ニンテンドースイッチの売り上げペースは速いです。

ニンテンドースイッチもライトユーザーからの人気が高く、普段ゲームをしない層を取り込んでいます。そういったライトユーザーたちには、ゲーム機としてだけではなく、フィットネスといった別の用途にも需要があります。

かつて『ニンテンドーDS』が爆発的に売れたときも、『脳を鍛える大人のDSトレーニング』などの勉強系ソフトが大人気でした。

ライトユーザーはゲーム自体への熱は高くないので、ゲーム性のあるゲームばかりではなく、勉強や運動という別の用途に興味を向けやすいのです。

ニンテンドースイッチはWiiの後を継いでいる

ライトユーザーの獲得が多いニンテンドースイッチは、Wiiの後を継いでいると言えるでしょう。

『Wii U』はあまり売り上げが伸びず、コアな任天堂ファン層しか取り入れられなかったように見えますが、ニンテンドースイッチでWii時代のユーザーを再び呼び戻したと思います。

『Wii Fit』が流行ったように、『リングフィットアドベンチャー』及びリングコンとレッグバンドが今後流行っていくかもしれませんね。『リングフィットアドベンチャー』以外にもリングコンを使うゲームソフトが販売されてもおかしくありません。

これから先も、DSやWiiのように普段ゲームをしない家庭に向けたソフトを開発していくことは考えられます。ライト層とコア層が共存できるゲームハードになることがニンテンドースイッチに求められていると思います。

まとめ

『リングフィットアドベンチャー』の人気の秘訣は、運動を気楽にできてかつ実用性が高いことから、ライトユーザー層の関心を引けたことにあるでしょう。

フィットネスゲームには珍しいゲーム性が備わった作品なので、ゲーム好きからの需要も十分あると思います。今後リングコンを使った別のゲームが開発される可能性が高いので、是非手に取ってみてほしいですね!

ゲーム配信でも盛り上がっているよね。他のフィットネスゲームはミニゲームばかりで配信向きではないけど、『リングフィットアドベンチャー』はアドベンチャーモードが配信にも向いていて楽しいと思うよ。

品薄解消まではしばらくかかるかもしれないから、見つけたときに買っておきたいね!