サヤとアカリのゲーム雑談ブログ!

主にファイナルファンタジーシリーズの雑談、考察記事を書いているブログです!

サヤとアカリのゲーム雑談ブログ

MENU

新作ゲームソフトを買う頻度は? 短期間に複数プレイする方法

 

ゲーム好きなら、気になる新作ゲームソフトがいつ発売されるかってチェックするものですよね!

 

ですが、たくさんゲームをやっている方だと、毎月やりたいソフトが発売されるスケジュールになることも珍しくないんじゃないでしょうか。

 

特に年末商戦となる冬は、ビッグタイトルの発売も重なります。

 

 

年末はやりたいゲームが多いよねー。

 

全部買いたいくらいだけど、金銭的にも時間的にも、そんなにいっぱいはできないから悩むんだよな~。

  

新作ゲームソフトを買う頻度は?

 

アカリちゃんは、新作ゲームソフトをどれくらいの頻度で購入していますか?

 

 

うーん、月に1本程度かな。新作だと7000円くらいはかかるものだし、2本以上は厳しいよ。

 

もしやりたいソフトが同じ月に被ったら、その場合は片方を翌月に回すって感じだねぇ。

  

 

月に2本となると、1万円は超えちゃいますからね。学生の方はかなり厳しくなるでしょう。

 

親に買ってもらう年齢の方なら、月に1本でも多い方じゃないでしょうか?

 

私が幼かった頃は、誕生日プレゼント、クリスマスプレゼント、お年玉の3回くらいしか買ってもらえなかったですね。その分、持っていたゲームには愛着が湧いて、何周もプレイしていました。

 

 

うん、私も子供の頃はそんな感じだった。

 

最近のゲームよりも、昔に持っていたゲームの方が何周も遊んだよね。当時は時間だけあってお金がなかったから、同じゲームやるしかなかっただけだけどさ。

 

 

好きなゲームを繰り返し遊ぶのも楽しいですからね。

 

でも新作ゲームを次々プレイする方が、新鮮味があって楽しいというのもまた事実です。

 

問題はやはりお金がネックですよね。今よりももっとゲームを購入したいと考えている人も多いと思います。

 

新作ゲームを安く買う

 

対策としては、新作ゲームをできるだけ安く買うことですかね。

 

私の友人がやっていた方法ですが、新作ゲームをプレイしてクリアしたら、すぐに売ってしまうというやり方があります。

 

2週目プレイなどができなくなってしまうものの、発売すぐにクリアして売ってしまえば、高額で売ることができますからね。

 

発売後2週間以内なら、5000円以上で売れることもままあります。早ければ早いほど高く引き取ってもらえます。

 

このやり方なら、新作ゲームが差し引きで2000~3000円しかかからなくなります。そうすると、また新しいゲームを変える余裕が出てきますよね。

 

 

私は手元に置いておきたい派だけど、そういうやり方も賢いと言えば賢いね。

 

特にADVやノベルゲームは、正直2週目はやらないからな~。ほんとは売った方がお得なのかもしれないな。

 

廉価版やレトロゲームをプレイする

 

他には、新作ゲーム以外にもレトロゲームなど安価な作品を買うことです。

 

新作ではなくなりますが、まだプレイしたことのないゲームであれば、古いゲームでも新作のように楽しむことができます。

 

廉価版の作品や、バーチャルコンソールなどで購入できるレトロゲームであれば、1000~3000円辺りでも買えますよ。

 

特に今の子供たちは、PS2より前の世代のゲームをプレイしたことってあまりないのでは? 今なら1000円もしないことが多いので、是非ともプレイしてみてほしいですね。

 

 

 

新作ゲームと過去のゲームを混ぜて遊んでいけば、そこまでお金をかけずに新しいゲームを次々プレイしていくことはできるね!

 

周回プレイも楽しいけど、新しいゲームに手を出す方が楽しみは増えるからな~。私もまだまだやったことないゲームは多いし、レトロに手を出していこうかな。

  

時間があればですけどね

 

社会人の方は思ってしまったでしょうが。

 

月に何本買えても、プレイする時間があれば、って話ですけどね……。

 

 

ま、まぁそれはなんとか捻り出していこうよ。

 

学生の方なら、長期休暇でたっぷりゲームできるから、今の内に色々なゲームを遊んでいくといいと思うよ!

 

コメント返信

ここからはコメント返信です。

 

>ichiaki97さん

時間があるならレトロゲームはいいですよね!気軽に遊んで飽きたら終わりというのが好きです。

 

 

レトロゲームは今なら安いですからね。

 

ゲームボーイやスーパーファミコンのゲームだと数百円で買えますから、もし自分の好みに合わなくても金銭的に痛くないというのがありがたいです!