サヤとアカリのゲーム雑談ブログ!

主にファイナルファンタジーシリーズの雑談、考察記事を書いているブログです!

サヤとアカリのゲーム雑談ブログ

MENU

【テイルズオブジアビス】ルークの年齢は7歳ではなく、ほんとは14歳だった?

 

『テイルズオブジアビス』の主人公ルークは、見た目に反してとても幼いんですよね。

 

17才の少年ではありますが、7年前に誘拐されレプリカと入れ替えられたことで、レプリカルークの本当の年齢は7歳です。

 

身体は10歳のオリジナルと同じまま作られたので、肉体年齢はオリジナルと同じ17歳ですけど、中身に関しては赤ちゃんと同じ状態から始まりました。

 

あらゆる記憶のない状態で作られているので、言葉や歩き方から覚えるレベルです。よって、実際の年齢は7歳と言える状態です。

 

 

身体は17歳と言っても、中身が7歳というのはすごいよね。7年しか生きていないにしては、自分の行動を悔いたり、色々と考えて行動できているなぁって思うよ。

 

 

そうですね。よくルークの思考が短絡的なところがあると、パーティメンバーから指摘されることも多いですが、7歳だからということを考慮すると、仕方ないかなと思います。

 

むしろ本当の7歳児よりも遙かに大人ですよね。逆に7歳とは思えないと感じるほどの自己犠牲感もあります。

 

 

 

でも実は、ルークって7歳ではなく、14歳だとも言えるんですよ。

 

レプリカルークの誕生

《出典:テイルズ オブ ジ アビス》

 

7年前にオリジナルのルークがヴァンに誘拐され、レプリカのルークが製造されました。

 

レプリカにはオリジナルの記憶を一切持たないため、主人公ルークは7年前の製造日が、誕生日と言えます。

 

よって、本編開始時点では生後7年しか経っていない、7歳児です。ここまでは本編をプレイした方ならご存知ですよね。

 

オールドラントにおける1年

《出典:テイルズ オブ ジ アビス》

 

テイルズオブジアビスの舞台『オールドラント』は、公転の周期が遅く、1年が13ヶ月あります。

 

更に、1ヶ月の日数も約60日あるので、実は現実世界と比べて1年が2倍以上も長いのです。

 

つまり作中において7年間というのは、現実世界で言うところの14年間になるため、現実世界で換算するとルークは14歳ということになります。

 

肉体の成長に関しては、現実世界の半分のスピードで成長するようです。なので、見た目は年齢通りになるのですね。

 

 14歳だと思うと、納得できることも多い

《出典:テイルズ オブ ジ アビス》

 

アビスの世界では、7年間程度では子供であることに変わりはないのでしょう。

 

ですが、よくファンの間で話題になるのは、現実の7歳の子供よりも遙かにルークが大人な考えをしているということです。

 

先ほどのお話通り、ルークの7歳というのは、現実世界でいうと14歳の子供と比較するべきなんですよ。

 

14歳だと考えれば、納得できることも多いのではないでしょうか。14歳は思春期と反抗期まっただ中ですからね。

 

序盤の高圧的な態度も、反抗期で多感な時期にはよくあることです。また、考え方が大人めいてるところもあれば、まだ単純思考だったり自分の存在意義を求めるなりするところも、中学生らしい。

 

いわゆる中二病と呼ばれる時期ですからね。この時期は、生きる理由とか哲学的なことを考え出す時期なのです。(しみじみ)

 

みんな長生きだね!

 

寿命も現実世界の2倍はあるようだから、みんなすごく長生きってことだね。

 

ジェイドは35歳だから、現実世界に換算すると70年以上も生きているってことかぁ。そりゃ色々悟ったり老獪なことを考えたりもするようになるか。

 

 

作中ではあまり意識していないところでしたが、1年が現実の2年以上あるってびっくりですよね。

 

アニスやアリエッタも、実はプレイヤーより長く生きていた、ってこともあり得ますね。寿命が長くて成長も緩やかなのは羨ましいです!